落ち込んだ気分

仲の良いカップル

【どんな病気か】 →わかりやすく書いてしまうと、気分が沈んだり、落ち込んだり、そういった気分が常に付きまとうことでです。主にまじめな人や責任感の強い人、社交的な面と一人の時に寂しいと感じる面を持つ人が、かかりやすいと言われています。  内面的な部分で、ネガティブに捉えてしまう特徴があったり人によっても症状に違いがあるようです。しかしきっかけがなければうつ病にはなりません。 【きっかけ】 →男性は、仕事での疲労や気疲れ、上司から何かを言われたことがきっかけになる場合もあります。  女性の場合は、妊娠や出産のストレスや子育て等によって、うつ病にかかる場合もあるようです。  男女ともに、近親者の病気や悲しみ、未来への不安が起こった場合でもうつ病になると言われています。 【解決法】 →明るく何事も考えて、リラックスできる環境や時間を作り、精神を休めることが必要です。悪い考えや暗い考えを極力減らしていく取り組みが大事です。

【うつ病チェックの方法】 →簡単なチェック方法があります、まず1周間か2週間の期間、自分の気持等を記載したりして書き留めておき、憂鬱、楽しくない、よく眠れなかった、疲れた、などの具体的なことをメモしておくだけです。  その期間がほぼ毎日だった場合は、うつ病にかかっている可能性があるため心療内科を受診することを勧めます。 【考え方の工夫】 →簡単なチェック方は上記に書いたとおりですが、こういうチェックをする前に自分で落ち込むことがある場合は、考え方を変えるだけでも楽しい気分に変わることがあります。  感情は時として全てを黒くすることもありますが、明るく考えればそれを全て白くすることだって出来るのです。  ネガティブに捉えても何一つ良いことには繋がらないので、ポジティブに物事を考えられればうつ病なんてなんともならないと思います。